1. HOME
  2. PROJECT
  3. 子どもを取り巻く現状
  4. 子どもの貧困と教育格差

子どもを取り巻く現状

子どもを取り巻く現状

子どもの貧困と教育格差

私たちの身の回りに、その日にご飯を食べなければ死んでしまうような子どもはいないかもしれません。
しかし、日本の子どもの7人に1人、ひとり親世帯においては2人に1人が相対的貧困と呼ばれる状態にあります。

「食べられれば……生きているならそれでいいじゃない」というのは暴論です。
相対的貧困には「おなかいっぱいご飯を食べられない」「家族で旅行に行けない」など、
さまざまな苦しい状況がついて回りますが、その最たる例が進学における壁です。

「義務教育」や「高校無償化」という言葉を聞くことで、「日本はどんな子どもでも質の高い教育が受けられる」
と思ってしまいますが、実際のところは「制服を買うお金がないから高校進学をあきらめる」
「高校に進学したものの、勉強についていくことができず塾にも行かせられないので退学した」という風に、
家庭の環境によって進学率に格差が生まれているのが現状なのです。