1. HOME
  2. PROJECT
  3. PROJECT1
  4. BE KOBE Specialty Coffee
  5. コーヒーから生まれる物語【その2】

PROJECT1

BE KOBEブランドを活用した経済活動(募金運動)

BE KOBE Specialty Coffee

コーヒーから生まれる物語【その2】

神戸の大学生たちが企画・開発したコーヒー

とってもかわいいパッケージのBE KOBE Specialty Coffee。
一度飲んだことのある方は、簡単に淹れられる手軽さと本格的な味にきっと驚いたはずです。
かわいくて、手軽で、おいしい。……だけでなく、コーヒーを買うことで子ども支援にもつながる!
そんな魅力いっぱいのコーヒーは、神戸を愛する大人たちと、未来をより良くしたいと願う神戸大学生たちから生まれました。
たくさんの「支えたい」という想いが重なって生まれたBE KOBE Specialty Coffeeの開発ストーリーをお届けします。

みんなで地域課題を解決するコーヒーを作ろう

2019年6月18日、神戸学院、甲南大学の学生ボランティア23名が集まり、オリジナルコーヒーを作るワークショップを行いました。
全3回のワークショップでバリスタ育成のプロ、ランドメイドの上野さんを講師に招いて、コーヒーの産地やテイスティング方法、抽出方法などを学び、最終的に自分たちでオリジナルコーヒーを作る、というものです。

おなじコーヒー豆でも、1分焙煎時間を長くするだけで、少し豆を挽く粗さを変えるだけで、味が大きく変化します。コーヒーをテイスティングの様子は、まるで理科の実験室のようでした。

ワークショップでは、私たちが何気なく飲んでいる低価格なコーヒーが、生産地の都合を無視した世界的な相場によって提供されている、という問題を学びました。
さらに、中間業者を挟まないことで生産地の適正な利益を確保する「ダイレクトトレーディング」という流通方法と、その手法によって得られたコーヒーの利益を用いて地域の子どもたちが通う学校を建設しているコーヒー業者の方の話を聞きました。

「これからは生産者と消費者が共に笑顔になれるコーヒーを選んでいきたい」
学生たちは珈琲学を通してたくさんの学びを得たようでした。